menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ツーリングのベストウェアリング
  2. タンクバック、サイドバックの基礎知識
  3. 荷物をうまく積むコツは?
  4. グループツーリングのポイント
  5. 二人でツーリングするときのお互いの呼吸は?
  6. タンデムツーリングのコツ
  7. はじめてのソロツーリングするときのポイントは?
  8. ツーリングするうえで一番大切なことは?
  9. バイクの保険と税金
  10. 名義変更と個人売買の注意点
閉じる

バイク速報局

バイクブロス

おすすめ人気車種ランキング

ツーリングは快適であるほど楽しい。逆に疲れるツーリングは楽しいはずがないです。それ は当然のことだが、快適性を大きく左右する要因のほとんどの部分をウェアリングが占め ていることを認識しておきたいです。頭から足先まできちんとし…

荷物の収納には日帰りならタンクバッグひとつで足りる場合が多いです。タンクバッグはレ インウェア、コンパクトカメラなどを入れ、そして上面に地図を入れるなど機能性にも優れた用品です。大きめのタンクバッグなら1泊程度の荷物が収納で…

ツーリングに荷物は付きものだけれど、バイク作りのコンセプトに多用される「軽量・ スリム・コンパクト」がそのまま荷物のパッケージングのヒントになるmのです。つまり、荷物を できるだけ少なくした上で、コンパクトにパッケージすることです。…

グループツーリングの注意点はなんといっても時間に余裕を持たせることに尽きるでしょう。運転がうまいライダーだけ集まっても、スタートが遅れたり、仲間とはぐれたりして、一人ないし少数で走るよりもウンと時聞がかかるものです。ましてベ…

ポイントはひとつ。自分だけの定りではないので、常に相棒のことを考えられるだけの余裕がないと楽しいツーリングはできないでしょう。ソロで走るよりも平均速度は一般的に落ちる から、時間も走行距離も余裕がさらに必要となります。これが…

免許を取得して彼女(あるいは彼氏)と二人乗り(タンデムともいう)でさっそうとバイクツーリングしたい、と思っている人は多いと思っているけれど、法的には免許取得l年未満は二人乗りができません。晴れて二人乗りできる日がきたからといってノー…

初めてのツーリングは誰でも甘酸っぱい思い出になるものです。うまくいっても失敗しても けっして記憶から消え去るものではありません。事故さえなければ基本的にどんなツーリングでも時が経つほど美しく楽しい思い出に変わっていくものだと…

ずばり、それはライデイングフォーム。ツーリングに限らず、きちんと操れてこそバイクは楽しく疲れずに目的地まで安全に行けるわけで、正しいライディングフォーム抜きには語れません。 では、どう考えるか。まずはバイクの基本特性を理解す…

バイクを走らせるのは楽しいけれど、保険と税金抜きにバイクは語れないのも事実。 保険は強制保険と任意保険の2種類があり、俗にいわれる強制保険には法律上はかならず入っていないといけないのです。強制保険のことを正確には自動車損害賠…

個人売買は、友人知人あるいは雑誌の売買欄を通じて、バイクを買ったり、売ったりすることです。お互いが信頼できれば問題ないのだが、買った後になって「調子が悪い」「支払 いを守らない」「名義変更してくれない」などといったトラブルが結構ある…

さらに記事を表示する

ナビゲーション

ピックアップ記事

  1. ツーリングは快適であるほど楽しい。逆に疲れるツーリングは楽しいはずがないです。それ は当然の…
  2. 荷物の収納には日帰りならタンクバッグひとつで足りる場合が多いです。タンクバッグはレ インウェ…
  3. ツーリングに荷物は付きものだけれど、バイク作りのコンセプトに多用される「軽量・ スリム・コンパクト」…

おすすめ記事

  1. ツーリングのベストウェアリング
  2. タンクバック、サイドバックの基礎知識
  3. 荷物をうまく積むコツは?
ページ上部へ戻る