menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ツーリングのベストウェアリング
  2. タンクバック、サイドバックの基礎知識
  3. 荷物をうまく積むコツは?
  4. グループツーリングのポイント
  5. 二人でツーリングするときのお互いの呼吸は?
  6. タンデムツーリングのコツ
  7. はじめてのソロツーリングするときのポイントは?
  8. ツーリングするうえで一番大切なことは?
  9. バイクの保険と税金
  10. 名義変更と個人売買の注意点
閉じる

バイク速報局

バイクブロス

ツーリングするうえで一番大切なことは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ずばり、それはライデイングフォーム。

ツーリングに限らず、きちんと操れてこそバイクは楽しく疲れずに目的地まで安全に行けるわけで、正しいライディングフォーム抜きには語れません。

では、どう考えるか。まずはバイクの基本特性を理解することです。

バイクが気持ちよくまっすぐ走るのはハンドルが微妙に左右に振れて自然にバランスを保っているためです。

我々ライダーはそれを無意識にやっているだけです。

カーブでもライダlが余計なことをしなければ、ちょっとしたきっかけでハンドルは自然に切れてバイクは曲がってくれるようにできています。

カーブが恐いとか転びやすい人は、ハンドルに力を入れてバイクの原理を邪魔す るからフラついてしまうわけです。

ということは、ハンドルにカを入れないフォームが大切ということ。

これが重要です。

世 界GPでもスーパークロスでもまったくこの基本は同じです。

そのためには加減速で上半身が 前後に振られないように背筋と腹筋をきちんと使うことです。

背筋・腹筋を十分に使うためには下半身で車体をしっかりホールドしていなければできません。

だからニーグリップが必要とい うわけだ。といっても必要なときに必要なだけニーグリップすればいいのです。

体全体はできる だけリラックスしているべきなのだから。

ニーグリップといってもヒザだけでなく、クルブシやフクラハギでもマシンホールドで きればいいのです。

ポイントはそうやって下半身で上体を安定させ、腕に余裕を持たせること だ。脇を締めるとハンドルなどの動きを妨げるから注意。

また、シート後方に座るのはダメ。

腕に余裕がなくなるから。素早いフットワークがいつでもできるために、やや前気味に座ること。

背筋はピンと伸ばす必要はないけれど、骨盤を前向きにすれば内臓を圧迫せず、 脊椎全体で重力を分散させやすく、結局それは疲れないので集中力が維持でき、安全で楽しく走れるというわけです。

関連記事

  1. バイクの保険と税金

  2. 2ストと4ストの違いは?

  3. 新車バイクを買う時のこれだけは知っておきたいチェックポイント

  4. 名義変更と個人売買の注意点

  5. 単気筒バイク、2気筒バイク、4気筒バイク…それぞれ乗りごたえが全…

  6. 中古バイクを買う時に気をつけたいチェックポイント

ナビゲーション

ピックアップ記事

  1. ツーリングは快適であるほど楽しい。逆に疲れるツーリングは楽しいはずがないです。それ は当然の…
  2. 荷物の収納には日帰りならタンクバッグひとつで足りる場合が多いです。タンクバッグはレ インウェ…
  3. ツーリングに荷物は付きものだけれど、バイク作りのコンセプトに多用される「軽量・ スリム・コンパクト」…

おすすめ記事

  1. ツーリングのベストウェアリング
  2. タンクバック、サイドバックの基礎知識
  3. 荷物をうまく積むコツは?
ページ上部へ戻る