menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バイクメンテナンスに必要な工具は?
  2. 長期間バイクに乗5ないときの保管法は?
  3. 愛車が盗まれない方法。バイクの盗難防止はこれ
  4. ベストなライディング・ポジションはどう探す?
  5. バイクのタイヤのメンテナンス
  6. バイクのエンジンオイルについて
  7. バイクのドライブチェーンのメンテナンス方法
  8. バイクのマフラーのサビの落とし方
  9. メンテナンスに役立つ便利なケミカル用品
  10. バイクの効率的な洗車とワックスがけ方法
閉じる

バイク速報局

バイクブロス

バイクのマフラーのサビの落とし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バイクは長く使っていれば汚れやサピは当然出てくるもの。特にサピはやっかいで、歯 の治療と一緒で早期対策がもっとも効果的です。

メッキ、塗装部分の汚れや艶落ちは別項で も触れたようにコンバウンド(荒目、中目、細目、極細目)を使う。コンバウンド入りの液 体ワックスでも可能であり、軽度のサピもコンバウンドで落とすことができるはずです。

ただし、コンバウンドは表面を削ることなので何度も繰り返していれば、いつかは塗装 がダメになったり、メッキも薄くなりかえってサピやすくなることがあります。

コートがかか っているアルミパ lツにコンバウンドをかけて後で腐食してしまうこともある。つまり、 削るのは限界があるというわけです。
コンバウンドでサピを落としきれない場合に、専用のケミカル剤を使うのも方法です。

また、サピを落として塗装するつもりなら、ケミカル剤のほかにサンドペーパーを使います。

ひどいサピはワイヤーブラシを使って大半を落とす方法もあります。

マフラーは高温にさらされてサピやすいところだが、黒い塗装のエキゾースト・パイプ(エンジンにもっとも近い排気管)部分ならサピを落とした後は専用の耐熱塗料を使います。

メ ッキされているものは、こまめにサピを落とすしかないです。

ステンレスマフラーは基本的に サピないが、汚れ落としゃ艶だしにはコンバウンドを使いましょう。

走行中、マフラーにビニール 袋が焼き付いてしまった、というときは焼き付いたときと同じ温度にしてから竹ぺらなど でそぎ取ると簡単に締麗になるが火傷に注意です。

いずれにしても丁寧にやった作業は、それだけの輝きが出てくるものですよ。

できることなら整備 の勉強も兼ねて、パーツを取り外してから作業に取りかかると、仕上げはさらに完壁になり、隠れて見えなかったところの汚れやサピも発見できるはずです。

フレームなどサピないと思ったところでも裏の裏までチェックを入れると意外に手入れ箇所を発見できるはずです。

関連記事

  1. ベストなライディング・ポジションはどう探す?

  2. 長期間バイクに乗5ないときの保管法は?

  3. バイクメンテナンスに必要な工具は?

  4. バイクのドライブチェーンのメンテナンス方法

  5. 愛車が盗まれない方法。バイクの盗難防止はこれ

  6. 誰でもできる簡単バイクメンテナンス

ナビゲーション

ピックアップ記事

  1. バイクライフを送る上で、工具は切っても切れない関係にある。ただ、工具とひとくち にいってもいろいろあ…
  2. バイクは機械だから放置しておくのがもっとも良くない。だが、どうしても長い間乗ら ないのであればそれな…
  3. バイクの盗難は非常に多くなっている。特に人気があるバイクは盗難されやすい傾向が あるので要注意です。…

おすすめ記事

  1. バイクメンテナンスに必要な工具は?
  2. 長期間バイクに乗5ないときの保管法は?
  3. 愛車が盗まれない方法。バイクの盗難防止はこれ
ページ上部へ戻る