menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バイクメンテナンスに必要な工具は?
  2. 長期間バイクに乗5ないときの保管法は?
  3. 愛車が盗まれない方法。バイクの盗難防止はこれ
  4. ベストなライディング・ポジションはどう探す?
  5. バイクのタイヤのメンテナンス
  6. バイクのエンジンオイルについて
  7. バイクのドライブチェーンのメンテナンス方法
  8. バイクのマフラーのサビの落とし方
  9. メンテナンスに役立つ便利なケミカル用品
  10. バイクの効率的な洗車とワックスがけ方法
閉じる

バイク速報局

バイクブロス

長期間バイクに乗5ないときの保管法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バイクは機械だから放置しておくのがもっとも良くない。だが、どうしても長い間乗ら ないのであればそれなりの配慮をしたいです。

長期保管ではまず直射日光に極力当たらないようにしましょう。

バイクに使われているプラス チックパ lツなどは紫外線で退色し、硬化・ひび割れなどが起きるからです。

車体カバーは そのためにまず必要だが、タイヤも日光に当たらないようにしなしょう。

しかし、車体カバーをしても雨の後では、カバ lの中に湿気が充満するし、泥がはねて バイクが汚れます。

コンクリートを張るか、厚い板を敷くだけでも効果はあります。

バイク本体の話だけれど、サビる、あがる、へたる、が放置三原則です。

バイクは放置すれ ばサピるもの。保管に入る前に十分洗車し、各部分を完全に乾かし、サピは落とせる範囲 で落としておき、全体にワックスをかけて締麗に拭きあげておくことです。

メッキ部分ならOKだ が、塗装部分はワックスを拭き残さないようにしましょう。

次にバッテリー。ベストは規定電圧にしてバッテリー端子を外しておくことです。

温度変化の少ないところに保管するともっといい。 ガソリンは満タンか、あるいはタンク ( キヤブも)を完全に空っぽにして、サビないようにしましょう。

満タンにするのは内部の鉄板にできるだけ空気が触れないようにしてサビを防止するためです。

厳密にいえばハイオクの方がガソリンの酸化安定度は高いので長期保管後の 使用には向いています。

しかし、それは限度が ある。半年以上経った古いものは使用せずガ ソリンスタンドで処分してもらうのが無難です。
タイヤは前後とも規定空気圧にして地面か ら浮かせるのがベストです。

長期に放置するとバ イクの自重 でタイヤが変形 (フラ ットス ポッ ト)してしまうでしょう。

いずれにしてもたまにエン ジンをかけてやるのが良いです。

関連記事

  1. バイクのドライブチェーンのメンテナンス方法

  2. バイクのタイヤのメンテナンス

  3. バイクメンテナンスに必要な工具は?

  4. メンテナンスに役立つ便利なケミカル用品

  5. バイクのエンジンオイルについて

  6. 愛車が盗まれない方法。バイクの盗難防止はこれ

ナビゲーション

ピックアップ記事

  1. バイクライフを送る上で、工具は切っても切れない関係にある。ただ、工具とひとくち にいってもいろいろあ…
  2. バイクは機械だから放置しておくのがもっとも良くない。だが、どうしても長い間乗ら ないのであればそれな…
  3. バイクの盗難は非常に多くなっている。特に人気があるバイクは盗難されやすい傾向が あるので要注意です。…

おすすめ記事

  1. バイクメンテナンスに必要な工具は?
  2. 長期間バイクに乗5ないときの保管法は?
  3. 愛車が盗まれない方法。バイクの盗難防止はこれ
ページ上部へ戻る