menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バイクメンテナンスに必要な工具は?
  2. 長期間バイクに乗5ないときの保管法は?
  3. 愛車が盗まれない方法。バイクの盗難防止はこれ
  4. ベストなライディング・ポジションはどう探す?
  5. バイクのタイヤのメンテナンス
  6. バイクのエンジンオイルについて
  7. バイクのドライブチェーンのメンテナンス方法
  8. バイクのマフラーのサビの落とし方
  9. メンテナンスに役立つ便利なケミカル用品
  10. バイクの効率的な洗車とワックスがけ方法
閉じる

バイク速報局

バイクブロス

バイクツーリング一般道での注意ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ツーリングの楽しさを満喫する基本中の基本は当たり前だが、とにかく事故らないこと だ。旅先で地理がわからず、キョロキョロとわき見運転して事故ることもあるが、とりあえず一般道での走行ポイントを考えてみましょう。

なにもツーリングに限らないことだが、一般道で一番恐いところはなんといっても交差 点だ。人と人の心が交差しない点、と思っていつも注意するだけで事故を起こす可能性は 大幅に減少する。全事故の印%以上は交差点付近で起きているという事故統計をみれば納 得がいくでしょう。

交差点でもっとも多いパターンは右直事故と巻き込み事故です。

直進していたら、対向車 がいきなり右折してきて事故、というパターンだ。クルマの運転手からは、バイクは小さ く、スピードもそれほど出ていないように見えがちなのがその原因。

また、ぶつかりそうになっても「こっちはクルマだから平気」なんて思って減速しないドライバーだっていな いともいえないでしょう。

というわけでパイクライダlは交差点にさしかかる時は、アクセルを戻し、いつでもフルブレーキできるように前後ブレーキ操作の用意をしておくべきです。

相手が飛び出してきてからブレーキペダルに足、そしてブレーキレパ ーに指がいくようで は間に合わないのです。

左折巻き込み事故もまだまだ多いです。

クルマから左後方のバイクはそもそも見えにくいものです。

あるいはドライバーによってはまったく見ていないものです。

だから、左後方にいてはい けない。まして走行中のクルマの左後方から抜くのは超危険です。

また、信号機が青から黄色 に変わるときも要注意です。

自分は止まるつもりでも、後続のクルマが止まる気がなくて、そ のまま追突というパターンだ。その逆もあるだけでなく、信号停車中に追突されることもあります。

青になっても左右を確認してからスタートする習慣を身につけるべきです。

関連記事

  1. バイク転倒、いざというときの対処法

  2. ツーリングの高速道路での注意ポイント

  3. いやなバイクや車がいるときは?

  4. シーサイドツーリングの注意ポイント

  5. タンクバック、サイドバックの基礎知識

  6. 二人でツーリングするときのお互いの呼吸は?

ナビゲーション

ピックアップ記事

  1. バイクライフを送る上で、工具は切っても切れない関係にある。ただ、工具とひとくち にいってもいろいろあ…
  2. バイクは機械だから放置しておくのがもっとも良くない。だが、どうしても長い間乗ら ないのであればそれな…
  3. バイクの盗難は非常に多くなっている。特に人気があるバイクは盗難されやすい傾向が あるので要注意です。…

おすすめ記事

  1. バイクメンテナンスに必要な工具は?
  2. 長期間バイクに乗5ないときの保管法は?
  3. 愛車が盗まれない方法。バイクの盗難防止はこれ
ページ上部へ戻る