menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バイクメンテナンスに必要な工具は?
  2. 長期間バイクに乗5ないときの保管法は?
  3. 愛車が盗まれない方法。バイクの盗難防止はこれ
  4. ベストなライディング・ポジションはどう探す?
  5. バイクのタイヤのメンテナンス
  6. バイクのエンジンオイルについて
  7. バイクのドライブチェーンのメンテナンス方法
  8. バイクのマフラーのサビの落とし方
  9. メンテナンスに役立つ便利なケミカル用品
  10. バイクの効率的な洗車とワックスがけ方法
閉じる

バイク速報局

バイクブロス

ツーリングの高速道路での注意ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

高速道路はわずらわしいゴ l ・ストップや歩行者、自転車などの飛び出しが基本的にな い一方通行だから快適ではあります。

ただし、これも天候が良く、渋滞などがないときの話。 バイクがまず気をつけたいのはクルマの流れに乗って走ることです。

速過ぎるのも遅過ぎる のも危険。

頻繁なレーンチェンジも流れを乱すもとになります。

バイクの制限速度が低いとこ ろでクルマの流れに乗ると速度違反になるという問題もあるが、考え方としては流れに乗 るのがもっとも安全です。

追い越し車線に遅い車両がいて、ペースが落ち、数珠つなぎになっているときは団子状態の中に入らず、走行車線に戻るなどしてほかの車両からやや離れて走るようにしたいです。

突然に渋滞が始まってハザードランプが転倒し始めたときは、クルマやトラックのサンド イッチにならないように注意。後方に注意しながら追い越し車線と走行車線の聞に滑り込 むのが安全です。

クルマの後方についたはいいけれど、そのまま後方から追突される可能性は 高い。なによりも安全性を最優先するのが走りの基本です。

法やマナーなどは、安全性を優先して考えるべきこと、ともいえます。

渋滞が延々と続いている場合に、どこを走るべきでしょうか。

路肩は緊急車両用で不可。安全面 でいえば路肩になるのだが、きっとその先で取締りをしているはず。かといってクルマの 後ろについて走るのもふらついて物理的に無理です。

ひどい渋滞でクルマの後ろにならんでい るのが正解だと思う人は、そうすればいい。バイクはゴl・ストップを繰り返し、スロー であればあるほどふらつくものです。

それが誰にもメリットにならないはず。だから、基本は 車線(クルマ)の聞をスロ ーぺースで走るしかありません。

クルマのドアの急聞や、タバコのポ イ捨てなどにも注意しながら、ときどきヘッドライトをハイビ lムにしたりして、走るしかないのです。
高速道路でのガス欠は非常に危ない。特に追い越し車線を走っていて、急にガス欠にな ると追突される可能性もあります。

自分のバイクの燃費、満タン容量を知り、航続距離を把握 しておくことです。

トリップメーターでどれくらいの数値になると予備燃料になるのか、同時 に予備タンク容量も知っておくべきです。

そうすれば、予備状態で何回走れるのかがわかります。

また、走行中に燃料が切れるとどんな動きをするのか安全なところであらかじめ体験しておけば、パニックにならないで済む。同時にリザーブ・コックの切り替えが下を見ないでもスムーズにできるように練習しておくべきです。

いずれにしても、 面倒なことにならないように早めに給油する習慣を身につけるのが大切です。

なお、基本としてガソリンスタンドがあるサービスエリアは最長で叩回以内に設置され、パーキングエリアは日回以内にあるのが基本です。

もしも、ガス欠やメカ・トラブルでバ イクが不動になり、やむを得ず路上で待機する時は、ライダーはかならずガードレールの 外で待つこと。

というのは、起きているのか寝ているのかわからないような覚低状態のドライ バー(長距離トラックに多い)は、無意識にテ lルランプがある方に進んでしまい、ノーブ レーキで追突するという例がある。高速道路の路肩での緊急停止の際は、特に夜間などの 暗い状態でハザードやテlルランプを点灯するのがいいとはいえないということです。

夜間の高速といってもさまざまで、東名・名神などの主要高速道路は非常にトラックの 交通量が多く、かなりの速度で走っているので危険。できれば混雑する時間帯は避けて走りたいです。

対面交通の高速道路で後ろからトラックなどにあおられたら、 を譲ろう。意地を張っても何のメリットにもならないからです。
だが、基本的には流れに乗ることを常に優先すべきです。

高速道路の休憩では、バイク用パーキングスペースに置く。身障者用スペースに停めて いる傍若無人なクルマがいまだにいるけれど、これだけは是非マナーを守りたい。混雑し てスペースがない場合は専用スペースに置けないが、大型トラックの陰など置く場所が悪 いとクルマにぶつけられてしまうこともあります。

いたずら防止も含めて誰からも良く見える ところに置くようにしたい。パーキングやサービスエリア内での速度はうんと抑えて走ること。

観光気分で歩いている人は、バイクが走ってくるなどと考えていないからだ。 サービスエリアなどでは、水や緑茶などのサービス設備を利用したい。配布されている マップもなかなか使い勝手がいい優れものです。

関連記事

  1. ツーリングのベストウェアリング

  2. はじめてのソロツーリングするときのポイントは?

  3. バイクツーリング一般道での注意ポイント

  4. ワインディングロードでの注意ポイント

  5. バイク転倒、いざというときの対処法

  6. シーサイドツーリングの注意ポイント

ナビゲーション

ピックアップ記事

  1. バイクライフを送る上で、工具は切っても切れない関係にある。ただ、工具とひとくち にいってもいろいろあ…
  2. バイクは機械だから放置しておくのがもっとも良くない。だが、どうしても長い間乗ら ないのであればそれな…
  3. バイクの盗難は非常に多くなっている。特に人気があるバイクは盗難されやすい傾向が あるので要注意です。…

おすすめ記事

  1. バイクメンテナンスに必要な工具は?
  2. 長期間バイクに乗5ないときの保管法は?
  3. 愛車が盗まれない方法。バイクの盗難防止はこれ
ページ上部へ戻る