menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バイクメンテナンスに必要な工具は?
  2. 長期間バイクに乗5ないときの保管法は?
  3. 愛車が盗まれない方法。バイクの盗難防止はこれ
  4. ベストなライディング・ポジションはどう探す?
  5. バイクのタイヤのメンテナンス
  6. バイクのエンジンオイルについて
  7. バイクのドライブチェーンのメンテナンス方法
  8. バイクのマフラーのサビの落とし方
  9. メンテナンスに役立つ便利なケミカル用品
  10. バイクの効率的な洗車とワックスがけ方法
閉じる

バイク速報局

バイクブロス

いやなバイクや車がいるときは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

路上を走るクルマやバイク。性格や運転技量はそれこそ人の数だけです。

いらついたり、危険性を感じる車両がいれば「危うきに近寄らず」です。

さっさと車間距離を空けるか、さらには別の車両を聞に入れること。

あるいはチャンスがあれば先に行くこと。

または別ル ートを選ぶこと。

相手のペ ースに合わせてイライラしていたら、こちらが危険になるだけでしょう。

あまり迷 わずさっさと行動を起こす、という決断力も時には必要だが、十分な運転技量がなければそれはできないでしょう。

否、ベテランでもいらつくクルマの動きを読みきれない時があるでしょう。

ということで先に行くより、まずは後方に離れるか、別ルートがあればそちらへ行くのが賢明です。

イライラするクルマは、流れに乗っていなかったり、フラついていたりしているわけだから、周囲に合わせる気持ちがない、あるいは合わせる技量がないことになるでしょう。

というこ とは非常に危険な状態で走っているわけだから、近寄ってはいけないということです。

具体的には、携帯電話をかけながら片手で運転しているクルマ。

道を捜して左右にキョロキョロしているクルマ 。

安全運転しているようで実はボlッと走っているクルマ 。

急い でいるのか、せっかちなのか、やたら後ろに 異常接近してくるクルマ。

あおってくる大型 トラ ック。客を見つけたら場所を選ばず急停 車するタクシー。

ぶっ飛ばしているバイク。

その他いろいろあるが、危険な車両 ・人物を いかに早く見つけるか、あるいは読むかとい うことだが、実はこれがなかなかむずかしいです。
それに、「まあ大丈夫だろう」という甘い認識 を持ちやすいが、危険から遠ざかる努力に勝るものはないのです 。

パニック対策よりも本当の積 極安全をいつも真剣に考えつつ行動することこそ効率のいい走り方なのです。

うっとう しいクルマやバイクは危険信号なのであることを感じましょう。

関連記事

  1. タンクバック、サイドバックの基礎知識

  2. ツーリングのベストウェアリング

  3. バイク転倒、いざというときの対処法

  4. はじめてのソロツーリングするときのポイントは?

  5. ツーリング上手な計画の立て方

  6. タンデムツーリングのコツ

ナビゲーション

ピックアップ記事

  1. バイクライフを送る上で、工具は切っても切れない関係にある。ただ、工具とひとくち にいってもいろいろあ…
  2. バイクは機械だから放置しておくのがもっとも良くない。だが、どうしても長い間乗ら ないのであればそれな…
  3. バイクの盗難は非常に多くなっている。特に人気があるバイクは盗難されやすい傾向が あるので要注意です。…

おすすめ記事

  1. バイクメンテナンスに必要な工具は?
  2. 長期間バイクに乗5ないときの保管法は?
  3. 愛車が盗まれない方法。バイクの盗難防止はこれ
ページ上部へ戻る