menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ツーリングのベストウェアリング
  2. タンクバック、サイドバックの基礎知識
  3. 荷物をうまく積むコツは?
  4. グループツーリングのポイント
  5. 二人でツーリングするときのお互いの呼吸は?
  6. タンデムツーリングのコツ
  7. はじめてのソロツーリングするときのポイントは?
  8. ツーリングするうえで一番大切なことは?
  9. バイクの保険と税金
  10. 名義変更と個人売買の注意点
閉じる

バイク速報局

バイクブロス

はじめてのソロツーリングするときのポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初めてのツーリングは誰でも甘酸っぱい思い出になるものです。

うまくいっても失敗しても けっして記憶から消え去るものではありません。

事故さえなければ基本的にどんなツーリングでも時が経つほど美しく楽しい思い出に変わっていくものだと僕は思っています。

初心者がよく陥るパターンは「ドキドキして前日は眠れなかった」というもの。

これは経験を積むしかありません。

前夜にアルコールを少し飲んでみるとか、むずかしい本を読んでみるとか、対策方法は人それぞれです。

ベテランでも興奮して寝不足することもあるからです。

次に荷物の問題。朝になってから荷物をまとめていたら出発はどんどん遅れてしまって、目的地の景色が十分見られなかった、なんてこともあります。

持っていく荷物のチェックリストを作り、前日夜には揃えて玄関に置いておくか、バイクに積んでおくのがベストです。

ピギナlのツーリングで注意しておきたいことは、距離を短めにとることです。

トラブルを 起こしゃすくその対処にも慣れていないのだから、欲張って遠いところへ一気に行こうと考えないことです。

初心者といっても個人差があるけれど、 1日で約250M以下がひとつの目安です。

初心者に恐いのがバイクトラブルです。

まずは自分のバイクの燃費はどれくらいで、燃料タンク容量はどれだけか、そしてタンクの予備はそのうち何リッターなのか、予備コックに 切り替えてから大体何h走れるのか、という基本を知っておくべきです。

忘れるならメモしてタンク上面に貼っておくのも方法だ。 重要なのはそのほかにエンジンオイルとタイヤです。

オイル量だけは絶対に確認し、タイヤは空気圧と異物のチェック。

これは出発前とツーリング中にちょくちょくやることが大切です。

そ して、自分が行こうとするルlトの確認を面倒がらずにやること。ミスコ lスはあせりが 出て事故に直結しやすいからだです。

関連記事

  1. 荷物をうまく積むコツは?

  2. タンデムツーリングのコツ

  3. 二人でツーリングするときのお互いの呼吸は?

  4. ツーリングのベストウェアリング

  5. タンクバック、サイドバックの基礎知識

  6. グループツーリングのポイント

ナビゲーション

ピックアップ記事

  1. ツーリングは快適であるほど楽しい。逆に疲れるツーリングは楽しいはずがないです。それ は当然の…
  2. 荷物の収納には日帰りならタンクバッグひとつで足りる場合が多いです。タンクバッグはレ インウェ…
  3. ツーリングに荷物は付きものだけれど、バイク作りのコンセプトに多用される「軽量・ スリム・コンパクト」…

おすすめ記事

  1. ツーリングのベストウェアリング
  2. タンクバック、サイドバックの基礎知識
  3. 荷物をうまく積むコツは?
ページ上部へ戻る