menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ツーリングのベストウェアリング
  2. タンクバック、サイドバックの基礎知識
  3. 荷物をうまく積むコツは?
  4. グループツーリングのポイント
  5. 二人でツーリングするときのお互いの呼吸は?
  6. タンデムツーリングのコツ
  7. はじめてのソロツーリングするときのポイントは?
  8. ツーリングするうえで一番大切なことは?
  9. バイクの保険と税金
  10. 名義変更と個人売買の注意点
閉じる

バイク速報局

バイクブロス

荷物をうまく積むコツは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ツーリングに荷物は付きものだけれど、バイク作りのコンセプトに多用される「軽量・ スリム・コンパクト」がそのまま荷物のパッケージングのヒントになるmのです。

つまり、荷物を できるだけ少なくした上で、コンパクトにパッケージすることです。

ツーリングは日常と離れて新鮮な気分になることが目的だから、できるだけ日常の生活道具を持たないという考 えも成り立つと思います。

道具を多く持っていけば便利なようだが、それだけ出し入れに手聞 がかかるし、第一にバイクならではのフットワーク性が落ちてきます。

だから、少々不便でも荷 物をシンプル化するのがいいと思います。

もちろん写真をきっちり撮りたいなどのテーマがあれば関係荷物を優先するのは当然です。

荷物のコンパクト化ではツアlコンダクターやスチュワーデスなどの旅のプロは実にうまいです。

ひとつひとつを非常に小さく丸めるなどして、さらにうまくパッケージするものです。

必要 なら軽量でかきぼらない容器に入れ替えるなどの工夫もやっています。

軽量・コンパクト化した荷物はバイクに積みやすいのは当然です。

でも、バイクには天候、振動、落下など注意すべきことがたくさんあります。

大きな荷物のときはなおのこと慎重さが要求されます。

そのポイントは、重いものはできるだけ車体の中央に寄せて積むこと。

操縦性を確保するためです。

2つ目のポイントはエンジンや路面からの振動に弱いカメラやビデ オなどはできるだけウエストバッグなど体をクッションにすべきです。

3つ目は雨やほこりを 前提にしたバッグを使うことです。

4つ目は重要なものは着ているジャケットに納めるか、バイクに積むならタンクバッグなど見えるところに入れることです。

リヤシートやリヤキャリアに荷物を積むときは、ゴムひもでしっかり固定してからツーリングネットをかぶせます。

時々左右にずれていないかチェックする習慣も身につけたいです。

関連記事

  1. タンデムツーリングのコツ

  2. タンクバック、サイドバックの基礎知識

  3. グループツーリングのポイント

  4. 二人でツーリングするときのお互いの呼吸は?

  5. はじめてのソロツーリングするときのポイントは?

  6. ツーリングのベストウェアリング

ナビゲーション

ピックアップ記事

  1. ツーリングは快適であるほど楽しい。逆に疲れるツーリングは楽しいはずがないです。それ は当然の…
  2. 荷物の収納には日帰りならタンクバッグひとつで足りる場合が多いです。タンクバッグはレ インウェ…
  3. ツーリングに荷物は付きものだけれど、バイク作りのコンセプトに多用される「軽量・ スリム・コンパクト」…

おすすめ記事

  1. ツーリングのベストウェアリング
  2. タンクバック、サイドバックの基礎知識
  3. 荷物をうまく積むコツは?
ページ上部へ戻る