menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ツーリングのベストウェアリング
  2. タンクバック、サイドバックの基礎知識
  3. 荷物をうまく積むコツは?
  4. グループツーリングのポイント
  5. 二人でツーリングするときのお互いの呼吸は?
  6. タンデムツーリングのコツ
  7. はじめてのソロツーリングするときのポイントは?
  8. ツーリングするうえで一番大切なことは?
  9. バイクの保険と税金
  10. 名義変更と個人売買の注意点
閉じる

バイク速報局

バイクブロス

ツーリングのベストウェアリング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ツーリングは快適であるほど楽しい。逆に疲れるツーリングは楽しいはずがないです。

それ は当然のことだが、快適性を大きく左右する要因のほとんどの部分をウェアリングが占め ていることを認識しておきたいです。

頭から足先まできちんとした装備にすることでバイクとライダlの性能はフルに発揮さ れ、余計な緊張や体力消耗をしないで済むことになる。それが快適性につながり、ツーリングの楽しさを大きく左右するのなのです。

たとえば、ジャケットだ。寒さで体に力が入ってハンドル操作が円滑にできなくなり、 事故ってしまった、というのは本当によくある事例だ。カチカチになった体では転倒した ときのダメージも大きくなることでしょう。

具体的には首や袖からの風の侵入が体温の低下を招きます。

さ らには腰まわりから風が入ってくることもあります。

寒い季節なら腰までしっかりガードした ウエアがいいですね。

はため逆に夏も油断できません。

バイクは肌をさらけ出して走ると傍目には気持ちよく見られがちだが、皮膚の炎症やオーバークlルあるいは脱水症状など大変なめに遭う例が跡を絶たないのが実情です。
春や秋にしても走行中に思いのほか寒くなったり、季節の変わりめには、雨にたたられ る確率も高いです。

つまり、ウェアリングは春夏秋冬それぞれに十分な配慮が必要というわけであります。

だが、バイクは季節だけでなく、目的地、天候、時間、距離なども考慮しないと いけないから、さらに条件を満たすことはむずかしくなります。

それだけではありません。

天候など外的な要因ばかりでなく、バイクライディングでは俊敏な フットワークを妨げる着こなしはダメです。

特に重ね着による運動性低下にはくれぐれも注意すべきです。

しかも、万一転倒したときのプロテクション性能も十分でなければならないの だから、ウエアに求める機能は非常に高い次元のものを要求しなければならなくなるでしょう。

特に配慮したいのは、寒さ対策です。

暑い夏でも走ればそこそこ我慢できるが、体温を奪 われる寒さは先ほど触れたように危険でさえあります。

夏でも早朝や夜間は結構冷えるものです。

つまり、フルシーズン通していえることは、やや暖かめの着こなしをキープすることです。

夏 の炎天下でもそれは同じ。 Tシャツ 1枚では熱く、トレーナーでは暑い、という違いがでます。

無論、転倒ダメージの差は簡単に想像できるでしょう。

夏以外の3シーズンにオススメしたいのは、ポリプロピレン (pp) などの新素材を使 った下着です。

たとえばppは暖かな上に、汗をかいてもベトっかず、積極的に汗を外へ出 す機能があります。

実をいうと、山道で足をすべらせ雪解け水に全身浸かってしまったことが あるのだが、体温を奪われなかっただけでなく、びしょ濡れのまま歩いていたらかえって 暖かくなったのです。

各国軍隊などが新素材を積極的に使用している意味がよくわかりました。

また、夏では汗を吸い出す機能を持つ新素材のオブロードウェアが便利です。

汗でベとつかず、いつもさらりとしていて、いつも快適。

ということで、林道や炎天下で汗をかいても後の心配は無用で、 ppなどの新素材は伸 縮性にも優れ、しかも宿に着いてからの洗濯でも乾きやすいし、荷物としても非常に軽い (繊維中最軽量)というメリットがあります。

だから国内外のツーリングに非常に重宝するの でオススメです。

ちなみに私が愛用しているゴールドウイン製ppは、長袖、トラウザ1ス (ズボン下)、ブリ 1フ、ハーフスリーブシャツ、ネックウオlマl、ニ 1ウオ lマl、 ソックス、インナlグローブなど種類も豊富に揃っています。

さて、それではヘルメットから順番にウエア選ぴの基礎知識に触れていきましょう。

《ヘルメット》

ヘルメットはアライやショウェイなどが代表的なブランドだが、形状としてはフルフェ イス型ないし、ジェット型を選ぶ。断定はできないが顔面保護まで考えるならフルフェイ ス型がもっとも優れていると思われます。

ファッションとしておわん型が一部に流行してい るが安全性を考えるなら選択の余地なしです。

国産ヘルメットは日本人向けに形状が作られているので安心。外国製は慎重に選ぶ必要があります。

品質基準としてはJIS規格C種をクリアしているものを選ぶます。

サイズは長時間かぶっても痛くならないサイズがベストだが、緩過ぎるのは論外。新品 は内装がまだ堅くてきつく感じやすいが、馴染んできてピッタリくることが多いです。

友人の ある程度使用したものを参考にすると失敗しないで済むでしょう。

なお、アゴひもをきちん とセットすることと、汚れのないシールドをいつも心がけたいものです。

帽体のキズや汚れは はっきりいってカッコ悪いです。

また、大きなショックを受けたものは交換。

必要なら製造メ ーカーで検査してくれるはずです。

一般的な使用限度は3年以内と考えたいです。

〈ジャケット》

ジャケットは肩、ひじにプロテクション機能を持つタイプで、引き裂き強度に優れたものを選びます。

もちろん一番大切な脊椎保護を考えたものがベストだが、別売りで個別に揃えることもできます。

これ以外の機能としては保温性能、防水性能、換気性能なども求められるが、どれも完全なものはありません。

自分で優先する順位を決めてから選ぶべきです。

ただし、ゴ アテックスなどの素材はトータル性能には優れるが価格も高くなりがちです。

基本的に冬ものはやや余裕のサイズを選び、薄着をする夏物は通風性に優れ、風のパタツキが目立たないものがベスト。

《パンツ》

パンツは膝や腰を守るガード付きがベストです。

ジャケット同様にガ iドは別売で装着できるが、モトクロスパンツのようにインーにニーガードなどのパッドをセットする方法もあります。

また、パンツの生地そのものに強度は不可欠です。

頑丈に見えるジーンズは十分とはいえず、安全性ではミニマムな性能です。

レザ ーパンツも膝などのガ ードが入っていないものは安心できません。

ただし、伸縮性があるためにジーンズよりも引っ張り強度の安全性でやや優れる程度です。

ガードやパッド付きのレザーパンツは理想的だが、暖かさを期待してはいけません。

また、レザーは濡れたときの感触が非常に悪いです。

使うことが基本です。

《ブーツ》

ブーツはツーリング用のレザーブーツないし、モトクロス用ブーツが安全性では理想的です。

しかし、仕事や街乗りではゴツ過ぎます。

バイク専用のライディングシューズがそこでオススメとなります。

軽量でどんな服装にも違和感がないのもありがたいです。

バイク用シューズ の基本はつま先とかかとががっちりしていることが大切です。

クルブシもガードしていること。そん な意味でワークブーツも悪くありません。

夏にペラベラのスニーカーというパターンも見かけるがこれは論外です。

ほどほどにがっちりとして、しかも足首の地肌がパンツの裾から出ないことです。

そうでなければ長めのソック スでカバーするべきです。

そしてできるだけクリーンであることです。

これがフルシーズン通して必要 なポイントです。

林道ツーリングの帰りであればしかたがないが、足もとが寒そうだったり 汚れていてはすべてのファッションをスポイルしてしまう。 ブーツに関連してソックスの話だが、基本は衝撃吸収性とフィット性を考えて厚めのものを選びましょう。

逆にいうと厚めのソックスでちょうどいいブlツサイズを選ぶべきです。

雨対策として私は、ゴアテックスのオーバーソックスを履くことです。

しかも専用の衝撃吸収材を靴底に入 れているので、プーツサイズの選定はかなり慎重に行っています。

長時間ライディングでは 足のむくみも少なからず生じるから、ヘルメット同様にあまり小さいものは、痛くて我慢 できなくなる可能性が高いことをお忘れなく。
また、日本人の足は一般的に甲が高く、幅広です。

しかもフクラハギも太めの人が多いです。

特 にニーガードを入れる人はフクラハギのベルトがしっかり閉まるかどうかチェックを忘れずに。

人によっては左右の足のサイズが異なることもあるので注意したいですね。

《グローブ》

グローブはもちろん安全性でレザーのグローブを選びます。

合成度草は濡れたときのぬめりがありません。

レザーは乾いても硬くならないことも魅力だです。

長時間アクセル操作していると右 手親指の先がきっくて痛くなることもあるから、指先に余裕があるものを選ぶべきです。

手首もガードし、一般的にはジャケットの袖口を包み込める長さがあればOKです。

防水型オーバーグ ローブや冬用グローブも寒さ対策にはいいが、ブレーキやウインカーの操作性は一般的に 良くないことも認識しておきたいものです。

ツーリングでは闘に遭遇することもあるし、転倒によるダメージも考えて、 私は予備のグローブ(モトクロス用)を持っていくように心がけているようにしましょう。

《レインスーツ》

レインスーツは防水性に優れ、軽量・コンパクト・低価格であれば理想だが、完壁なも のを見つけるのはむずかしいです。

基本的にはゴアテックスかエントラントなどの先進素材使 用のものがいい。形状としては上下分割のツーピース型で、パンツの裾が大きく聞いて脱 いだり履いたりの性能に優れたものがベストです。

ある程度使い込むと防水性は落ちるが、専 用のスプレーで補う方法もあります。

レインスーツは、大きさにやや余裕があるものを選びたいです。

そして天気がいいときでも 携行し、寒くなったら防寒用に使うことができます。

そして、雨で周囲から自分が見えにくくなっているのだから、できるだけ明るい目立つ色を選びたいです。

そのほかに着用する機会が多いものはトレーナー、そしてパンダナといったところ。

いずれのウエアもデザイン、機能、色、サイズなどじっくりと検討し、ある程度長期的なビジョンを持ってセレクトしていただきたいです。

ウェアはバイク選びと同等に注意を払うだけの価値があるのですよ。

関連記事

  1. グループツーリングのポイント

  2. 二人でツーリングするときのお互いの呼吸は?

  3. タンデムツーリングのコツ

  4. はじめてのソロツーリングするときのポイントは?

  5. タンクバック、サイドバックの基礎知識

  6. 荷物をうまく積むコツは?

ナビゲーション

ピックアップ記事

  1. ツーリングは快適であるほど楽しい。逆に疲れるツーリングは楽しいはずがないです。それ は当然の…
  2. 荷物の収納には日帰りならタンクバッグひとつで足りる場合が多いです。タンクバッグはレ インウェ…
  3. ツーリングに荷物は付きものだけれど、バイク作りのコンセプトに多用される「軽量・ スリム・コンパクト」…

おすすめ記事

  1. ツーリングのベストウェアリング
  2. タンクバック、サイドバックの基礎知識
  3. 荷物をうまく積むコツは?
ページ上部へ戻る